【重要】なぜエンジニアになりたいか?文系未経験からIT業界への転職志望動機

文系から未経験でIT業界への転職したいけど本当に大丈夫かなぁ?
どんな志望動機が良いんだろう?

このページでは下記について紹介します。

  • 転職を控えた人に向けて面接官にウケの良い志望動機
  • 面接だけでなく、就職後も挫折しないために今考える志望動機
  • 未経験からIT業界への参入を検討している人へエンジニアの働き方
とおる
実際に未経験からエンジニアに転職し、過去には面接官も経験したことのある私が解説。

もしあなたがIT業界についてひとくくりの捉え方をしていたら危険です。

IT業界については知っている。
志望動機について対策が知りたい方は飛ばしてください。

志望動機まで飛ばす

スポンサードリンク

IT業界について職種をひとくくりにするのは危険

ITの仕事だから「IT業界」とひとくくりにするのは非常に危険だと思っています。

例えるなら漫画家になりたいと思っても「商業漫画、Web漫画、広告漫画」どのジャンルを選ぶのかによって異なるのと同じです。
とおる
広告漫画はイラストレーターに使いイメージ。

IT業界、特にエンジニアとして「WebエンジニアとSIer」に分けられることが多いですが下記の3つに分類しメリット、デメリットを解説します。

  • アプリ開発系
  • Web制作系
  • SIer・システム開発系

なぜ、混ぜて考えてしまうと危険かと言うと、職種によって働き方や待遇がぜんぜん違うからです。
何系へ進むかは事前に理解しておきたい点です。

アプリ開発系

アプリ開発系企業の特徴として「自社開発、サービスで売上を作っている」点が挙げられます。

YAHOO!グループ、楽天グループ、サイバーエージェントグループ、メルカリなど

ベンチャー企業も多数です。

Good

・新しい技術に積極的なので技術向上に向いている。
・エンジニア獲得にも積極的のため年収も上がりやすい。
・完全実力重視。

BAD

・人材の入れ替わりが激しい。
・ベンチャー創業期なら薄給になりがち。

>>稼げるプログラミング言語ランキング【TOP10】文系におすすめ言語は?

Web制作系

Web制作系の特徴として「クライアントから制作費をもらって売上を作っている」点が挙げられます。

IMJ、ネットイヤーグループ、ミツエーリンクス、LIGなど

採用特化のページ、LP、Webコンサルティングを行っていたり、自社でメディア事業を展開していたりします。
一般的に言われるホームページ制作の会社も含まれます。

Good

・有名な企業広告などに携われる。
・クライアントワークで文系職の経験が活きるケースも。

BAD

・価格競争に巻き込まれがちで、Web制作だけだと薄給でブラック体質になりがち。
・WordPress(PHP)など言語が限定的になりがち。
・営業やデザイナーがえらく、エンジニアに扱いが…な企業も。

SIer・システム開発系

SIler・システム開発系の特徴も「クライアントワークで売上を作っている」点が挙げられます。

NECグループ、NTTデータ、富士通ソフト、Microsoftなど
大規模なシステムや、誰もが知っているサービスを提供していたりします。
Good
・ボーナスなど給与面で安定している。(ただし上流に限る)
・社会的信用の強い企業が多い。
BAD

・設計能力やパワポ能力が求められがち。
・下流やSESで孫請けなどに入ったらブラック一直線。

とおる
このように、どこを選ぶかによって働き方はもちろん、今後の将来設計に大きく影響してきます。

IT業界への志望動機

未経験からIT業界へ転職を成功させるためにも対策しておきたいのが「志望動機」。

志望動機は面接時に100%聞かれる質問です。
だからこそ、真剣に考えてほしいのが下記2つの質問。

  • なぜエンジニアになりたいのか?
  • どんなエンジニアになりたいのか?

なぜエンジニアになりたいのか?

特にあなたがこれからプログラミングを始める前だったり、
もう今の仕事は嫌だ!
エンジニアとして転職したい!と決意したなら、ここで読むのを一旦止めて、その気持ちを忘れる前にノートに書き留めてください。

とおる
スマホのメモ帳を利用しても、ボイスメモでも構いません。

時間を取って考えてくださいね。

 

書きました?

まだなら、本当に読むのを止めて「なぜエンジニアになりたいのか?」を忘れないようにしてください。
「もう給料が安いのは我慢できない!」「将来の不安をこれ以上感じたくない」というネガティブな要素も隠さずに書き留めておきましょう。
この時の感情がこれから挫折しかけた時に、あなたを奮い立たせる大事なメモとなります。
そして、面接の時に強力な武器となります。
なぜなら、企業側が未経験者を採用する時に見ているのは今後のポテンシャルに期待している部分も大きくありますが、大きく3点だと思います。
  • 素直か(人として、成長できるか)
  • 企業文化に沿っているか(企業とあなた、どちらかが不幸にならないか)
  • 続くか(途中で投げ出して辞めてしまわないか)
「なぜエンジニアになりたいか?」という問いが「続くか(途中で投げ出して辞めないか)」を解消する大きな答えです。
しかも、あなたがエンジニアになりたいと決意し、実際に勉強してきた実績を合わせて提出したら説得力は増します。
とおる
ぶっちゃけエンジニアになってからエラーで泣きそうになったり、辛い、キツいと思ったことは何度もあります。
その時「なぜエンジニアになりたいか?」を何度も繰り返し自問自答出来ていたら乗り越えられます。

どんなエンジニアになりたいのか?

「なぜエンジニアになりたいのか?」が明確になったら続いては「どんなエンジニアになりたいのか?」も明確にしてください。

例えるなら強くなりたい!と思った時、キックボクシングのようにキラキラした強さが欲しいのか?護身術のようにあなたの大事な人を守るため強さが欲しいのか?
どんな風になりたいのかによって手段とゴールが違います。

この時のオススメは実際にどんなエンジニアになりたいのか?考えた時、誰かイメージする人がいたら実際に会いに行ってみてください。
直接会わなくてもTwitter等のDMでコンタクトを取ってみることもオススメ。

ただし、本当に仲の良い友達以外の人を思い浮かべた時は「相手のメリットも伝えてください」。
相手の人があなたに会うメリットは?

とおる
クレクレ君はダメです。必ずあなたが相手の人に何がGive出来るか考えましょう。

自分にGive出来るものがない…会えない。と思った場合は「その人が書いた書籍が無いか調べてください」。
書籍を読むだけでも、考え方は参考になりますし、どんなエンジニアになりたいのか?イメージがわいてくると思います。

スポンサードリンク