『42 Tokyo』入学試験Piscine(ピシン)とは?学費完全無料の理由

フランスのエンジニア養成機関42(正式名称L’association 42)は東京校として『42 Tokyo』を設立することが明らかになりました。

  • 42 Tokyoの入学試験Piscineとは?
  • 42 Tokyoについて知りたい!
  • 学費が完全無料って怪しくないの?

というあなたの”知りたい”を調べました。

スポンサードリンク

入学試験Piscine(ピシン)とは

42Tokyoの特徴の1つとして4週間連続で続く入学試験「Piscine(ピシン)」です。

42 Tokyoのキャンパスに全員が集まってPiscineを受験します。

受験と聞くと日本の大学入試センター試験をイメージする人も多いと思いますが、フランス初のPiscineは違います。

選抜試験なのに他の知らない学生たち一緒に協力する試験

特徴を挙げると

  • 難しい
  • ストレスを感じることが多い
  • 知らない人と一緒にやる
  • 協力し会える

とまるでこれから世界で羽ばたくエンジニアの働き方をイメージしているようでもあります。

実際に開発では壁にぶつかり難しいと感じることがあります。
ただ、プロジェクトで集まってきたこれまで知らなかったエンジニアたちと協力し合いながらサービスをリリースします。

つまりエンジニアに大事な「諦めないこと!」「やり抜くこと」を身につける入学試験です。

学費が完全無料の理由

42Tokyo協賛企業ロゴ一覧
出典:https://dmm-corp.com/press/press-release/27350

42 Tokyoの最大の特徴と言っても良いのが『無料のプログラミングスクール』という点です。

日本では無料(ただ)ほど怖いものはないというイメージですが…

安心してください。
コンセプトでもある「誰もが平等に挑戦できる」教育機会の提供に賛同する企業からの協賛で成り立っているスクールです。

一般社団法人 42Tokyoの代表理事である亀山氏(DMM会長)が中心となり発足したスクールなので安心です。

とおる
当面の運営資金はDMMから出ていますが、卒業生が成長し、稼ぎの一部を寄付によって次の学生の学費を支える循環で運営している”ハーバード大学”をモデルとした日本版プログラミングスクールになると素晴らしいですね

42 Tokyoのコンセプト

42 Tokyoのコンセプトは「挑戦したいすべての人に質の高い教育を。」
学歴や職業に関わらず、挑戦したい人には質の高い教育を提供すべき。という考えのもと

  • 学費完全無料
  • 24時間利用可能な施設
  • 問題解決型学習

上記の環境が用意されています。

42 Tokyoの6つの特長

42 Tokyoの大きな特長は下記。

  • ピアラーニング
  • 問題解決型学習
  • 自分のペースで学べる
  • 学び方を学ぶ
  • 新鮮な課題
  • 社会とのなめらかな接続

42 Tokyoのカリキュラム

42 Tokyoのカリキュラムは多岐にわたるジャンルの中から好きな課題を選んで取り組んでいくのが特長です。

理由は「問題解決能力」を身に付けてほしいから。

そのため「自分で調べ、他の人に聞き、考える」を繰り返し行っていく事で自然と身についていくカリキュラムとなっています。

学び方も自分のライフスタイルに合わせたペースでOK!

そして生徒同士でコードのレビューを行っています。

課題を自分で検索し、解決し、チームでシェアするのはまさにエンジニアが実際の現場でやっていることと同じ!

42 Tokyo募集概要

応募は2019年11月7日(木)から開始。
入学試験は下記の日程で予定されています。

  • 第1回→2020年1月6日(月)〜1月31日(金)
  • 第2回→2020年2月3日(月)〜2月28日(金)
  • 第3回→2020年3月2日(月)〜3月27日(金)

授業料は無料。
応募条件は16歳以上
場所は東京都港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー

詳細の条件は公式サイトをご確認ください。

公式サイト:https://42tokyo.jp

転職までサポートしてほしい。という人には【DMM WEBCAMP】も検討してみてはいかがでしょうか。



とおる
コメント卒業したエンジニアが未来のエンジニアを育てるために寄付する文化が日本にも根付けばいいですね。
スポンサードリンク