【DIVE INTO CODE評判】就職先と事前テストが口コミに影響

プログラミングスクールを調べていくと良い評判を聞く「DIVE INTO CODE」。

業界から聞こえてくる評判や卒業生にインタビューをしてDIVE INTO CODEのリアルが分かりました。

結論から言えばDIVE INTO CODEは良いプログラミングスクールというのは間違いありません悪い評判も実際にはありましたので包み隠さずお伝えします。

\タップで該当箇所へスクロールします/

スポンサードリンク

DIVE INTO CODEの基礎情報

スクールの基礎情報

入学金 100,000円〜(Webエンジニアコース)
コース料金 547,800円〜(Webエンジニアコース:フルタイム)
教材費 0円(コース料金に含む)
支払い クレジット(分割)、現金一括・隔月払い
無料体験 無料カウンセリングあり
教室 10時〜21時30分/メンターサポート13時〜19時
チャット環境 ビデオ通話はSkypeやGoogleハングアウト
スクールの場所 東京校:平日10時〜19時※この時間帯以外の自習室の使用はパートタイム生優先。
学習内容 HTML、CSS、JavaScript、Ruby、SQL、Gitなど
授業形式 オリジナル学習環境「DIVER」で自主学習&メンターへ質問
PCレンタル 無し
年齢制限 なし
運営会社 株式会社DIVE INTO CODE
TEL 03-5459-1808
MAIL cs@diveintocode.jp

DIVE INTO CODEへのアクセス

郵便番号:150-0044
住所:東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
(渋谷駅徒歩5分)

DIVE INTO CODEコースの種類

DIVE INTO CODEのコースは大きく分けて3つ。

Webエンジニアコース
就業達成プログラム
Webエンジニアコース
ベーシックプログラム
機械学習エンジニアコース
ゴール Webエンジニアとして就職することをゴール Webアプリケーション開発の知識を身につけることがゴール 機械学習エンジニアとして就職することをゴール
受講期間 4ヶ月or10ヶ月 6ヶ月 4ヶ月
総費用 588,910円(税抜) 388,910円(税抜) 979,819円(税抜)

オンラインで学習環境が整っており、東京校に行くのが困難な方向けにオンライン完結受講の「オンラインコース」があります。
(Webエンジニアコースのみ)。
通学コースとの相違点を理解していた方がよいでしょう。

通学コースとの相違点は下記。

  • 授業・ペアプログラミングはオンラインでの開催となります。
  • 質問は、質問掲示板の他、オンラインチャットも可能です。チャットでの対応は営業日の13〜19時のみとなります。
  • 東京校で開催するイベントには参加できない場合があります。

引用元:https://diveintocode.jp/

DIVE INTO CODEの評判

DIVE INTO CODEの良い評判と残念な評判を紹介します。

その前にこの資料を見てください。
何よりもDIVE INTO CODEでプログラミングを学ぶことで卒業後のイメージがつかめると思います。

とおる
DIVE INTO CODEだとプログラミングを簡単に感じれるようになりそう。

※無料カウンセリングはオンライン可能

DIVE INTO CODEの良い評判と口コミ

  1. オリジナルオンライン教材DIVERが分かりやすい
  2. 講師の質が良い
  3. AI(機械学習)コースの内容が凄い!※ただしかなり難しい
  4. 就職先が良い

※React(リアクト)とは、Facebook製のJavaScriptライブラリです。
Webアプリケーションのユーザーインターフェースを効率的に構築することを目的としています。

とおる
見た目の部分を実装します。
電卓の数字入れるとちゃんと計算できる。というイメージです。

とおる
株式会社ソニックガーデンの西見取締役などがコードレビューするってガチすぎる…
株式会社ソニックガーデンは業界を先駆けて「納品のない受託開発」をしている企業。
コロナ後はリモートワークが当たり前ですが、以前より「リモートワーク」での働き方を実現。西見取締役は中学1年生から独学でプログラミングを始めた凄腕変態(←褒め言葉)エンジニアです。
ソフトウェアデザインの著書としても名を連ねていらっしゃいます。

即戦力を求められるベンチャー企業へ就職が決まるってレベルが高すぎます。

文系ならよほど機械学習をやりたいという熱量が無ければWebエンジニアコース一択です。
数学など覚えることが多すぎです…

DIVE INTO CODEの評判を調べたりインタビューして出てくるのは圧倒的に「カリキュラムや講師が良くてプログラミングが身につく」という声と「転職前と比べて給料がアップする企業に就職できた」という声です。

それもそのはず。
代表の野呂氏自らが人材輩出に何よりも重視しており、リクルーティングパートナー制度のある企業先が多数。

分かりやすく言うと、DIVE INTO CODEの卒業見込みの生徒は書類選考免除や1次面接が確約されている企業があります。

公式サイトに掲載されている卒業生の就職実績やリクルーティングパートナーのページを見れば一目瞭然かもしれません。

勉強は大変ですが、やりきれば満足いく企業への転職が待っていそうですね。
まずはあなたのイメージと合っているか?無料カウンセリングで色々相談してみると良いでしょう。

※無料カウンセリングはオンライン可能

DIVE INTO CODEの残念な評判と口コミ

DIVE INTO CODEに関しての残念な評判と口コミは3点。

  1. 期間が4ヶ月〜と長い。最長10ヶ月
  2. 事前にテストがある
  3. 値上がりした

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースを受講する場合、集中的に学ぶ4ヶ月コースと働きながら学ぶ10ヶ月コースがあります。
収入が無い期間が4ヶ月、もしくは働きながら10ヶ月プログラミングを学ぶのはなかなか金額的にも体力的にも大変です。

とおる
転職に必要な技術を惜しみなく教えてもらえる分、正直ハードです。
やりきったらかなりの能力が身につきます。


DIVE INTO CODEは誰でも受講できるわけではありません。
機械学習エンジニアコース・Webエンジニア就職達成プログラムフルタイム(4ヶ月コース)希望の方は、カウンセリング後事前テストがあります。

選考は「未知の問題に取組む姿勢やモチベーションの高さなどを重視」しています。
引用元:https://diveintocode.jp/

何よりも残念な評判で一番多かったのは”値上がりした”という点。

以前は30万程度だったのが倍の60万となっています。

金額が倍近く値上がりしたのが残念な評判です。
今後さらに値上がりしたら…

とおる
60万はエンジニアとして就職したらすぐに回収できるんですけどね。

結論:DIVE INTO CODEは誰にオススメ?

結論、DIVE INTO CODEは誰にオススメなのでしょうか?

一番オススメできるのは「東京校へ通えて4ヶ月本気(1ヶ月180時間の勉強目安)で勉強してWebエンジニアとして転職したい人」です。

次にオススメできるのは「東京には通えないが就職しながらオンラインで10ヶ月プログラミングを勉強してWebエンジニアとして転職したい人」にも向いています。

逆に4ヶ月の勉強を頑張れるか分からない…
という人や仕事をしながら10ヶ月なんて長すぎる。無理!と不安な人は辞めておいた方が良いと思います。

何よりも「職や給与でこれ以上不安を抱えるのは嫌だ!この現状を変えたい。」という人にはプログラミングはおすすめです。

とおる
私自身、文系未経験からエンジニアに転職したパターンですが当時の自分ならDIVE INTO CODE選べば良かったと思います。

とは言っても相性はあると思いますので、まずは無料カウンセリングを受けましょう。

※無料カウンセリングはオンライン可能

スポンサードリンク