SIerからWeb系エンジニアへ転職した経験者が年収など違いを解説

文系職で未経験からプログラマー、エンジニアへ転職しようと検討した時に出てくる言葉。
「SIer」と「Web系」。または
「IT業界」と「Web業界」。

言葉の違いが分からず、同じでしょ?と思ったあなたは要注意

このページを読む価値が必ずありますので5分お時間をください。
逆に知ってるよ。という人は読む必要はありません。

とおる
あまり違いも知らずに転職した私は思いっきり後悔しました。
その後、キャリアを本気で考えSIerからWeb系エンジニアへ転職しました。
文系未経験から、エンジニアへなりたいならWeb系を選択しましょう。

ポジショントークになってしまいますが、体験談としてどちらもメリット、残念な”闇”の部分も紹介します。

スポンサードリンク

SIerとWeb系エンジニアの違い

ここでは大前提として一般的に言われているIT業界のことをSIer。
Web業界のことをWebエンジニアとしています。

とおる
SIerとWeb系エンジニアは、似て非なるものです。
SIer(IT業界) Web系(Web業界)
特徴 ・専門職が多い
・大手企業やその下請けが多い
・マルチプレイヤーが強い
・ベンチャー企業が多い
主な職種 ・プロジェクトマネージャー
・サーバーエンジニア
・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア
・セキュリティエンジニア
・Webディレクター
・フロントエンジニア
・バックサイドエンジニア
・Webコーダー
・Webデザイナー
開発手法 ・ウォーターフォールが多い ・アジャイルが多い
年収 ・年功序列で上がる傾向が高い。
・実力より1次請け、2次請けの場所でほぼ決まる。
・実力重視。
・300万〜1,000万以上と差が激しい。
言語 ・C,C++,Javaなど難易度の高い言語が主流。 ・Ruby、PHPから新しい言語にも積極的。

>>IT業界と職種をひとくくりにするのは危険!違いは?

SIer(IT業界)とは

スーツを着て働くSIer

SIerとは、システムインテグレーション(SI)を行う業者のことを指します。
SIに「~する人」という接尾辞「-er」を付けてできた造語。
読み方はエスアイアーまたはエスアイヤー、もしくはシステムインテグレーターと呼ばれる。
※”I”は大文字のアイで、小文字のエルではありません。
主に官公庁など、ITシステムのコンサルティングから設計、開発・運用までを一括で受託をしているならSIerを指します。
ECなどのWebサイト受託開発をしているならSIerですが、実際にはWeb系と名乗っている企業も多いのでややこしくなっています。
SIerなのか、Web系なのか見分けるには収益がどこで生まれているかを見極めてください。
例を挙げるとWebサイトを運営しているYAHOO!JAPANの主な収益は広告収入なのでWeb系となります。

SIer(IT業界)のメリット

  • ボーナスも◯ヶ月と支給され、給与面で安定している。
  • 福利厚生制度が充実している。
  • 会社側がプログラマーから始まり、プロジェクトマネージャーへといったレールが用意されている。

なんと言っても待遇面が優れています。
NEC〇〇、日立◯◯と言った大手関連企業に務めることも多く、社会的信用もあります。(家のローン等で有利)

SIer(IT業界)の闇

  • いまだに年功序列やハンコ制度など、古い風習が残っている。
  • 納会など会社が用意した行事が上司のご機嫌(人事や査定)に影響する会社も。
  • SIerとは名ばかりの、ひ孫請け企業に入ったらブラックすぎて悲惨…

30代で技術がない状態で転職しても、ひ孫請け企業やSESという契約で働くことしか出来ず、キャリア設計が困難です。
また、難易度の高い言語を扱っているので挫折しがち

>>【プログラミング言語の種類と特徴】難易度は?

とおる
SIerは高待遇ですが、スーツを着て働き、年功序列といった昭和の文化が残っている企業も多い。

Webエンジニア(Web業界)とは

私服で働くWebエンジニア

WebエンジニアはHTTPで接続したシステムで出来たサービスの開発するプログラマーを指します。
代表的な企業だとメルカリやサイバーエージェントなど、ベンチャー企業が多いです。

Webエンジニア(Web業界)のメリット

  • 成長できる環境。新しい技術を積極的に取り入れている。
  • 私服でOK、フレックスタイム制の導入など自由度が高い。
  • 中途採用も多く、実力主義。(年功序列が無い)

Webエンジニア(Web業界)の闇

  • やりがい重視で給与が低いブラック企業あり。
  • 営業も命じられたり、Webエンジニアとは名ばかりのホームページ制作企業もある。
  • 「未経験からフリーランスエンジニアに」と言った、甘い言葉を利用した名ばかりのプログラミングスクールが乱立している…
とおる
人材が流動的でエンジニアの採用に積極的な企業に転職できれば高待遇ですが、採用したい!と思ってもらえる技術を身につけるまでが大変。

SIerとWeb系エンジニアの違いまとめ

「SIer」と「Web系エンジニア」の違いを「IT業界」と「Web業界」という視点も含めて解説しました。

どちらが向いているかはあなたの性格や希望する働き方にもよって異なります。

迷っている人に対してどちらも働いてきた私の結論を言えば、文系でプログラミング未経験者がこれから転職を目指すならWeb系エンジニアを目指すことをオススメします。

理由は未経験者が安定した待遇面を理由にSIerになろうと思っても私の経験上、下記に当てはまってしまう可能性が高いからです。

  • Javaなど難易度の高い言語を挑戦し、自分には向いていないと挫折しがち。
  • SIerとは名ばかりの下請けSES企業に入り、資料作成など成長が見込めない仕事しか出来ない。
  • 未経験から中途で入社してもプロジェクトマネージャーまでキャリアアップ難易度が高い。

その点、Web系エンジニアはまだまだ自分の頑張り次第でキャリア設計が出来ますし、比較的難易度の低い言語から勉強できるので入りやすいです。

ただし「1ヶ月でエンジニアに」。や卒業後はフリーランスエンジニアに。と言った集客が上手いだけで、内容がスカスカなプログラミングスクールが乱立していますので、勉強方法やスクール選びは要注意です。

>>プログラミング完全初心者が転職するまでの最速勉強方法【4ステップ】

>>プログラミングスクールおすすめ3選!文系未経験から転職実績あり。最短3ヶ月後にはプログラマーに

スポンサードリンク